そうすることでネジとの組み合わせが”がちっ”と合わさり…(ORIS)

ネットで購入したブランド時計。”ORIS”

それをベルト調整で街中の時計店へ持っていったところ ベルトに組み込まれている 小さなねじが硬くて硬くて もどけないっと!!

しかも何軒かまわぅっても同じことといわれたそう。。。

ルーペで覗き込むと 努力のあとがしっかりとわかりましたっ!が…

ねじ穴が つぶれかかっているじゃないですかっ!

まずいまずい。 こうなると最悪新品にもかかわらずねじ穴からネジを掘り込まなくてはなりません。

 

こういうネジを扱うには、コツがいるんです。

ネジのマイナス(―)とドライバーの(―)がきちんと合っていなくてはだめなんです。隙間なくね。

そうするには、やすりで研いで合わすんですよ。

何度も何度も重ね合わせながら。

そうすることでネジとの組み合わせが”がちっ”と合わさり ゆっくりとまわせるんです。

ゆっくり、ゆっくり。。。

しかし。これは最初っからネジに接着剤を塗り 固めていましたね。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*