ある程度のところまでは お任せいただければ 再び、蘇りますよっ!!”Obrey”

”シルバー製の腕時計”小傷とともに黒ずんで着けるのが恥ずかしいと磨き加工することとなりました。”Obrey”

シルバーは、貴金属の中では比較的柔らかく傷のつきやすい素材です。

”シルバー製 ”って高価なんだなっと思う反面 大切に扱ってくださいねって 一言添えます。

2016-08-01 08.37.20

しかし、今ではつけられないとのご相談を頂いたからには、何とかせねば!

時計ムーブメントを取り外し、バフで全体を磨いていきます。

2016-08-01 08.58.46

小さな小傷はある程度取り除けますが 深いものは ある程度までにしておきます。

それは、再研磨なので当然表面はちびて行きます。

本体が薄くなったり形が変わってしまうのは おすすめできないからです。

2016-08-01 09.01.19

ある程度のところまでは お任せいただければ

再び、蘇りますよっ!!

2016-08-01 09.01.36

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*