開き具合、構造を入念に調べ どこの部分が不具を引き起こしているのかを特定 ”OMEGA”

海外のアンティーク時計の持ち主から購入したという(オメガ)の手巻き懐中時計。”OMEGA”

メンテナンスのご依頼とともにお持ちいただいたのですが

届いた時から 裏蓋がちゃんと閉まらないそう。

裏蓋は 二重構造となっており お客さんの言う通り 何度も試してみましたが 全く閉まりません。

バネのようになっていて、開きっぱなし…。

↑こんな感じ!↑

蓋の構造かなっ??

じっくりと 観察していると、裏蓋内部は がたがたに 歪んでいますね。

おそらく 落としたか 、ぶつけたせいで 本体と合わなくなったのでしょう。

一見、外から見ると ピカピカと磨かれており きれいに見えたのですがねー。

開き具合、構造を入念に調べ どこの部分が不具を引き起こしているのかを特定します。

木槌、ソフトに叩き裏蓋を整えることに。。。

叩きすぎると 直せないので ソフトに扱いです。

何度も何度も…。

………

……

 

カチっ!完全に引っかかり

蓋としての機能が戻りましたっ!!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*