これで、奥様とお揃いをキープできました。”DUNHILL”

この”時計修理専門サイト”をご覧になられ まずお電話でのお問い合わせいただきました。”DUNHILL”

腕時計は 正常なのですが、ベルトが締められない!

バックル部分が全く効かず不良との事。

だらりと ロックが聞かず このままじゃつけられない。。。

 

お客様へのご提案は、

①、バックル部分の修理。これは、分解してみないと分からなず、そもそも代用の専用パーツがあればのこと。

今の段階では、ダンヒルがそのパーツを分けてくれるとは思わない。。。

②、ベルトはそのままで、バックル(観音開きの部分)のみ交換。これまた、ぴったりと合うのがあればの話。

③、本体以下、ベルト全体の交換。これもまた、本体取り付け部分が特殊な形状なので、加工してでも取り付けられることが前提。

その場合、加工が優先なのでデザインがあまり選べない。

 

お話してる中で、奥様とのお揃いで とても気に入っているもの。。。と

 

んん~

 

とりあえず、汚れも目立つのでベルト部分を取り外し 超音波洗浄にかけます。

かなり汚れてて、 その影響でバネが朽ちて 壊れてしまっていました。

本体取り付け部分も特殊です。

真っ黒になるほどの汚れですっ。

入念に洗浄し、しっかりと乾燥。。。

この部分を分解しー

やはり特殊なバネ構造。

楕円のコイルバネ。

特注で製作し 入れ込みます。

。。。。

。。。。。

なんとかなんとか、使用に耐えうるパーツで 入れ込みましたっ。

よしよしっい!!

ロックも バッチシ!!

完了です。

これで、奥様とお揃いをキープできました。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*