パーツとして竜頭芯をはめ込むと すぐに抜けちゃいます。”SKAGEN”

腕に長く着けていたせいか ふとしたきっかけで 竜頭に手がひっかっかり

パーツが飛んでしまいまして…そのパーツがどこにも見当たらず 修理できますか…??

と ご相談くださいました。”SKAGEN”

よくある 竜頭が芯から折れ なくなったのかと

ルーペでのぞいてみると↓↓

真っ暗 何も見えない。。。

もっと 深いところで 折れてるのかと

開いてみました。

 

芯棒ともに無くなっています。

とすると

竜頭と芯棒いったいが 飛んでいったことになります。

パーツとして竜頭芯をはめ込むと すぐに抜けちゃいます。

中での押さえ版が痛んでいます。

いろいろと代案を考えた末

ムーブメント交換で対応となりました。



少し、お時間いただき 黒蝶貝の文字盤と張り取り付け等を行い

事実上、内部新品になりなりました。

時計本体が ピンクゴールド系でしたが

それだけは見つけることが出来ず ちっちゃ目のゴールドの”竜頭”にご了解いただきました。

完成です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*