今回は、22㎜の幅広ベルト、ワニの型押し、イタリア製の”モレラート””ARMANI”

時計が止まってしまったのと、折れ曲がったベルトの交換で、お電話いただいておりました。”ARMANI”

営業時間等ご確認いただいて、お持ちいただいたもの。

電池交換は、これまでに数度、ベルト交換もこれで2度目との事。

前回は、雰囲気を変え”ブルー”にしたのですが、少々失敗気味だと。

で、今回は、22㎜の幅広ベルト、ワニの型押し、イタリア製の”モレラート”で進めていきます。

まず、電池交換から…

スクエアシェイプの湾曲は、少々難儀。。。

(開くのと、閉じるのがとっても堅いのです。)

 

中の、マウントを外し、

電池を新しいものへと。。。

汚れもたまっています。

ブロワーで吹き飛ばすだけじゃ心配なので、楊枝を使いこびり付きを取り除いていきます。

裏ブタ回り、全周チェック。

パッキンも取り外して…

そして、”圧”をかけながら裏蓋とします。

その後、ベルト交換です。

恐らく、最初のモデルはこの感じだったのではないでしょうか!!

綺麗になった腕時計と共に、お仕事頑張れそうです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*