こういう事例をご覧いただくと…ご理解いただけます。”Calvin Klein”

大きな文字盤が特徴のカルバンクライン腕時計。”Calvin Klein”

電池交換のご依頼で進めていきます。

時計本体と、その曲面状につながるベルトは一体感のデザイン。

裏蓋を開き電池交換の作業には ちとばかしやりずらい…

なので、一旦ベルトを取り外して取り掛かります。

思ったよりもしっかりと固定されて…

あとは、ヘラを差し込み徐々にこじ開け。

食い込み部分もそうですが電池を取り除くと 液漏れの痕跡。

止まったままで長かったのかもしれません。

こういう事例をご覧いただくと 腕時計が止まれば早めの交換が必要とご理解いただけます。

ブロワーで吹き飛ばし、掃除をして電池を交換。

正常動作も確認でき完了です。

しまり具合も要チェックです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*