やはりムーブメントを取り出さなくてはなりません。”SKAGEN”

針が飛んでしまった腕時計 スカーゲン”SKAGEN”

一瞬なんだか理解できなかったのですが確かに針が一本しか見当たりません。

10時側に散らばっていましたっ。

パルス計にて測定するとムーブメントは正常な感じです。

針だけが取れたって感じですね。

この修理は、やはりムーブメントを取り出さなくてはなりません。

その場ではできないのでお預かりしての対応となります。

針の取り付けは12時ジャストに針をセットし調整。

その後、時間の経過を見て完了となります。

やはり芯棒に”圧”で差し込んであるのですが

取り付けには接着剤が使えないので強い衝撃などには要注意です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*