ちょっとひどいですね。。”Longines”

市内のある眼鏡屋さんで電池交換をされたらしく、しばらくすると時計が動かず…

再度持って行ったところ「裏蓋がありませんッ」とのご指摘。。ロンジンの腕時計。”Longines”

お客さん「@;。、・+×」…

恐らく、ちゃんと裏ブタ閉めずに渡されたんじゃないかと…。

もうこれ以上言えないので

他店の時計店にて修理見積するとかなりの高額を提示されたとの事。。。

それ程出すなら、もう一つ時計買うわっ!と

とれてしまった裏蓋を探す当てもなく…

ど、お話しながら エファーナにお持ちいただいた次第。

↓これっ

斜めにして…”Longines”

むき出しになった ムーブメントをのぞき込むと…

んんっ~

緑青が発生しています。

電池を取り除くと…

錆さびですっ。内部まで浸透してなければいいのですが…

順番としては、

①、まずは裏蓋探し。。。

②、そしてメンテナンスです。



正直、裏蓋探しにはお時間戴きました。

ぴちっとすき間なく合うものってホント難しいものです。が…

奇跡的に「citizenの裏蓋」が!!

テストのため、何度か開け閉め。しっかりと引っかかって 手ごたえもあるので 使えそうですっ!!。

それさえ見つかれば、あとはメンテナンス

進めるうちにやはり回路がダメになっていて 新しいムーブメントに乗せ換えで対応していきます。

内部は新品、ケースも磨き、見違えるようになりました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*