バックルのロック部分の構造を確認して早速、修理を開始です。”OMEGA”

突然腕時計のバックルが効かなくなり分解されてしまいました…”OMEGA”

お持ちいただいたときにはばらばらでした。

これまでの構造から推測すると重要なバネがありません。

お客様に尋ねてもこの2枚のプレートのみでおそらくバネ自体は跳ねて飛んでいったのでしょうか^。

かなりサビと汚れも目立っています。

真横からみてみると、どうやら強い力で引っ張られて壊れてしまった感じ。

バックルのロック部分の構造を確認して早速、修理を開始です。

この2つの突起でバネを抑えている。

↓↓



汚れをふき取り、バネを取り付けて完了です。

しっかりとロックも出来るようになりました。

再び取れないようルーペでの確認もしておきます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*