それが時計内部ギアに挟まると破損の原因にもなりかねません。 パッキン交換

電池交換時には本体と裏蓋の間に置かれているパッキンも交換お勧めいたします。

内部入水を食い止める意外と重要な役割を果たします。

また、長年強い圧をかけられているためポロポロと固くlなっているものも多々見られます。

それが時計内部ギアに挟まると破損の原因にもなりかねません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*