いいものを長く使うためには大切な工程ですね。スピードマスター”OMEGA”

スピードマスター、クロノグラフ”OMEGA”

もう5年以上にはなるこちらの腕時計。不調が出だしたので

見てくださいとの事で。。。

お持ちいただいていた保証書関係も一緒にお預かりします。

どの程度の時差が生じるのか、どんな症状なのか特定していきます。

機械式時計の部品には、歯車同士がスムーズに稼働するように専用のオイルが塗られています。

このオイルが経年劣化で粘度が落ちたり、油かすとなって不調をきたします。

ゼンマイの力で動かすことはできても、オイルの不足したままではパーツの損傷につながります。

古くなったオイルやカスを洗浄し、再組立て、注油…とオーバーホールは進められます。

いいものを長く使うためには大切な工程ですね。

”OMEGA”

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*