2度切りはできないので一発勝負。 ”Vivienne Westwood”

ベルト交換作業のご紹介。”Vivienne Westwood”

本体のみに立ってしまったこちらの腕時計。電池交換を施し正常動作確認も取れたのでこれからベルト交換。

本体へ取り付けられていた部分の掃除から始まります。

こちらのベルトは、最後の一本”サーモンピンク”。

付け幅を正確に測り、研ぎたてのカッターでズバリ!

2度切りはできないので一発勝負。

裏あて革も開いておきます。

この部分は切らないように、開くだけ。

グリグリと

折り返しを内側へ入れ込みます。

これをするのとしないのとでは、後々ほつれ具合が違うのです。

同じ色合いの接着剤を作りなじませる。

パイプの通りをスムーズにして

あらかじめ型取り。

1日そのまま・

固まったところで本体へ取り付けで完了です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*