3Dプリンタにて専用の土台を製作しているので問題なく完了できます。”ck”

スクエアフェイスの腕時計電池交換”ck”

このシェイプの本体取り扱いはさまざまな段階があります。

御覧のように。、フェイス面は幾分カーブがかかっています。それに裏ぶたはポコタイプ。

電池交換後は「圧」でふたを閉じていきますがたまに固くて締まりずらいモノが存在します。

その時は、特殊な器具を使いますが球面状を平面土台に固定するのに一苦労なのです。

まるでシーソーのようになってしまうのです…

ムーブメントはいたってシンプル!

作業説明の前置きが長くなりましたが、私どもは3Dプリンタにて専用の土台を製作しているので問題なく完了できます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*