パッキン周りのグリースも再度補填し…”EDOX”

ネット購入で手に入れた”EDOX”の腕時計。

取れちゃって…とお持ちいただいたのがこちら。

大きな赤いクロノグラフのスタートボタン。

時計自体は動作しているので裏蓋を開きどうなっているのか調べていきます。



この留めパーツが内部でころころと。

本来取れるはずがないのですが、大きなボタンの為力が加わっていたのでしょう。

開き気味なので、新しいパーツに取り換え修理に入ります。

取り付け後、動作確認。

パッキン周りのグリースも再度補填し…

これでお直し出来ました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*