ベルトをはずさないと裏ぶたが開かない構造。”REEF TIGER”

電池交換とベルト交換…”REEF TIGER”

普段使いのためベルトの痛みも激しく交換のご依頼です。また、そのタイミングで電池も交換していきます。

この時計の電池交換は、ベルトをはずさないと裏ぶたが開かない構造。

裏ぶたはしっかりとネジ止めされているので対象に緩めて開いていきます。

ムーブメントの観察…下側には入水しそうな形跡がありますね。

良く拭き取り、電池の交換作業です。

取り外した電池の状態もよく見ておきます。粉がふいてるものもたまにはあるので。。

時刻合わせで。

そして、新たしいベルトへと交換していきます。

ベルトも変わるとなんだか新しい腕時計って感じです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*