バックル部分の修理

腕時計バックル部分の不調。。。

通常、小さなバーを押してロック&リリースする構造となっているはずなのですが

固くかたまっててベルトがしまらない感じです。

 

一度、その部分だけを取り除き分解してみましょう。

こちらっ↓

汚れもひどく、小さなコイルバネが錆びてて機能していませんでした。

超音波洗浄を施し、パーツ交換、オイル処理をシ修理していきます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*