この調子じゃ少しばかり手ごわそうですが、進めていきましょうっ!”WALTHAM”

自動巻きの腕時計…”WALTHAM”

ずっと机の中にしまい込んでて、縁あって当方で修理のご依頼をいただきました。

お話の中では、10年単位で使用していなくできることなら使ってやれればと…

このモデル、バキュームといxって時計本体の構造が特殊。ガラス面からムーブメントを取り出しその後の作業も真空状態にて完了させます。

名前の通り「バキューム:真空」の元作業を進めていきます。

が、しかし…

錆がかなり回ってて、作業の第一歩がベルト取りなのですが…

ここまで信を取り除くのにオイル差し、結局はダイヤバーにてばね棒を切り取りました。

そして、隠されているねじを緩めて全面のガラスをとり、ムーブメントを確認していきます。

(へこんだ部分の中心に真っ黒いネジがあるんですっ↓)

この調子じゃ少しばかり手ごわそうですが、進めていきましょうっ!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*