龍頭を引くと中のムーブメントとはまさに通通なんです。”BERING”

止まって久しいとお持ちになられたこちらの腕時計”BERING”

まずは電池入れを疑いましょう。

裏ふたは4点ねじ止め。対角線上に緩めていきましょう。

ピタッと本体とくっついていました。

ということは、防水性もよいと思われがちですが…

一番の入水場所は龍頭なんです。

龍頭を引くと中のムーブメントとはまさに通通なんです。

チェックポイントは、龍頭から延びる心棒で、

様々な個所を見ながら電池交換を進めていきます。

今回も問題なく完了です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*