この部分だけ交換していきます。 D-バックル

時計本体ベルトは、全く問題ないので個々の部分D-バックルのみ交換で対応です。

交換修理は、できる限り最小限で進めていきましょう。。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*