今では、3D-CADで設計し3D-CADで出力です。治具設計

腕時計の電池交換でお預かりしました。

実はこの腕時計、作業時には注意点があるんです。

基本電池交換は裏蓋を開き交換できれば圧入でふたを押し入れます

その時、手だけの力で押し入れれば問題なのですが、往々にして硬いんです。

メイいっぱい手のひらで閉めようとしてもダメな時があるんです。

その時は、専用のプレス器具を使うのですが…

この飛び出た猫に優位が必要!

ガラス面よりも飛び出ているので固定台にすんなりと収まらない…

しかし、これまでの事例でいろんな治具を用意してあるので何とかできましたっ。

職人たるものないものは作り解決していくもの。

今では、3D-CADで設計し3D-CADで出力です。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*