あまり太すぎるのを入れるとパーツの動き自体も悪くなるので

今回も、メタルベルトの修理…。

しっかりとしたつくりの駒ベルトですが経年劣化でしょうかー

中の芯棒が擦れたり、落ちちゃったりするんですね。

しかも、突然、ぼとっ!と腕から外れちゃって。

太さ長さをあわせて、入れ込み修理。

あまり太すぎるのを入れるとパーツの動き自体も悪くなるので調整しながらの修理です。

落として、他の場所が傷つかなかったので よかったです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*