ここの要点をおさえればひとまず大丈夫ですよ。”SEIKO”

自分サイズに調整です。”SEIKO”

時計のベルトデザインにより、時に複雑構造もあります。

今回は、隠れパイプストッパーの存在をご紹介。

各ベルトパーツは、ベルト幅の芯でつながれています。

そして、よく無くしてしまうパーツにこれっ

芯をおさえるストッパーの役割を果たすパーツです。

 

ここに隠されているんですね。

しかも、芯を抜いたとたんにするりと転がり無くなってしまう恐れ”大”なのです。

ここの要点をおさえればひとまず大丈夫ですよ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*