とても細かいので顕微鏡と共に作業を進めていきます。”TISSOT”

本体からベルトが取れてしまったのと、

その連動か文字内カレンダー枠がずれてしまってます。”TISSOT”

ベルト本体は、中の軸が無くなっています。

長さと太さサイズを合わせて入れ込み修理。

そして、カレンダーの飾り窓枠。

内側ガラス面に引っ付いています。

こうなると、本体をばらして修正です。

 

裏ブタを開き、ムーブメントを取り出していきます。

埃や湿気などにさらされないよう特殊ケースに保管です。

 

そして赤丸の所↓

極細のピンセットでつまみ取り接着固定。。

とても細かいので顕微鏡と共に作業を進めていきます。

ムーブメントを入れ込み立て完成。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*