専用のバックルがついてあるモデルは、 ベルトの形状も特別なんです。”SEIKO”

今年の春は、パステルピンクのイメージです。”SEIKO”

 

新しく新調する腕時計革ベルトの取り換えご依頼。

4年ほど使い古した革ベルトはもうすでにボロボロになっていました。

 

イタリア製のモレラート!

16×14ミリのリザードベルトで選んでいきます。

最初はブルーもいいかなっと お悩みでしたが…

やっぱり 春の桜らしい「パステルピンク」で決定です。

現物がなかったので発注かけてたものが1週間ほどで手元に届きました。

早速、取り付け作業。。

SEIKO

お客様にもお伝えしたのですが、専用のバックルがついてあるモデルは、

ベルトの形状も特別なんです。

着けた時の時計の位置や、着け心地に幾分変化が!

その上で、汎用のベルトでご納得いただけるのでしたら、既製品の方が圧倒的に価格は安価です。

そんなことも、お話しながら腕時計メンテナンスを行います。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*