このような セラミックパーツはほんと取り扱いに注意が必要です。”ARMANI”

ブラックのセラミック仕様の腕時計”ARMANI”

 

ご覧の通りベルトパーツが壊れてしまっています。

壊れているっていうよりは 割れています。

これぅって パーツは直せないんです。

そこで、お客様が最初、ベルト調整で余ったパーツがあると思うので

それを利用し 修理していきます。

あっ、最初に電池の交換を施してです。

 

さてさてっ使えそうなパーツを組み合わせ…

本体サイドのパーツと入れ替えます。

なんとか修理完了です。

このような セラミックパーツはほんと取り扱いに注意が必要です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*