ベルト全体??ってご心配されますが最小限度のD-バックルだけですよっ!

D-バックル交換の事例は多いです。

金具引っかかり部分が経年劣化で擦れたり、折れたりするのでしょう。

その場合には、D-バックル事交換して再び時計が使えるように修理していきます。

よく、ベルト全体??ってご心配されますが最小限度のD-バックルだけですよっ!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*