多少の汚れが浮き出ていますがきれいに拭き取って動作確認。”EBEL”

エベル独特の構造。”EBEL”

止まってしまったとの事、電池交換で進めて行きます。

このタイプは前面、ガラスを取り除きムーブメントを取り出していきます。

ご覧のように裏面はこんな感じで本体と一体感がありますね。

竜頭をとっておきます(慎重に)。

そしてガラス面ネジを対象に緩め…

ガラス面のパッキンもチェック。

文字盤に気をつけながらムーブメントをとります。

ケースはこんな感じです。

ムーブメント固定台にセット。作業のしやすいようにしておき

電池の交換作業。

多少の汚れが浮き出ていますがきれいに拭き取って動作確認。

パルス計も使い、問題ないのでブロワーで埃を取りながら再マウント。

ここで注意する事は、パッキン、ほこりが入らないようしっかりとガラス面をとじ

(ガラス面のネジは、対象に均等に締め付けです。)

しばらく様子をみてお客様へ完了のご連絡。。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*