ないものは作る!主義。”EDOX”

高機能エドックスの電池交換”EDOX”

今回は、お客様のご依頼で防水テストなし、お急ぎ!ということですべてご了解をいただいての作業です。

早速、周囲のチェックから始めます。

スクリューバックルはしっかりと固定台にセットすることから始めます。

ここが緩いと竜頭に変な力が入り損傷の原因になりかねません。

電池抑え版はごく細のマイナスドライバーが必要です。

今回は、このネジ専用にやすりで研ぎ作製です。

合わないドライバーを使用すると、これまたネジ山をつぶしてしまうことになりかねません。

すべてがこの腕時計専用にその場で作っていきます。

ないものは作る!主義。

汚れも拭き落として新しい電池を入れ正常動作確認。

ふたを閉める前に一度、ふたを閉めた後にもチェックは欠かせません。

そして、拭きふきしてお渡しです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*