これ以上は無理かなってほどまで行きました。”明治時代の置時計”

倉庫から見つけてきて「どうかな!?動くかなっ??」とお持ちいただいた置時計

聞くと明治時代?!のもの。

全体にサビも出ており、焼けてもいます。

針は外れて下側に引っかかぅている状態。

機械式ですね。

どれほどの精度が出るかわかりませんが

取敢えずいじってみましょうか!

実用性になるかどうか??

 

歯車だらけですがシンプル構造の範囲です。




お時間はいただきながら

これ以上は無理かなってほどまで行きました。

最初は良い感じでしたが、完了の”印”を押そうと思いきやほんの少しずれる。

なんとかかんとか、そろりと扱い定時にいっぱい巻けば使えるところまで行けました。

これからも大切にお使いくださいませ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*