おもりに続くふりベラも折れちゃっています。★掛け時計★

長年…とても古いものでずーっとネジまきして使っていた掛け時計がとうとう動かなくなってしまって と

京都から送られてきました。

見るからに重厚さが手に取れるしっかりとしたものです。

動かなくなってしまって そのままだったのでしょうね。

おもりに続くふりベラも折れちゃっています。

裏面のラベル↓

まずは、症状を確認する必要がありますね。

軸受けから各針を取り除いて文字盤を開きます。

ネジとくぎで打ち込まれていました。

これまでに何度か修理もしてこられたのでしょう。

機械の動きを見ていきます。

各ギアの遊びや腐食、進行具合もチェック。



 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*